祝電を送るタイミング

今の時代は電報を使うことというのはそう多くはないのではないでしょうか。特に若者は電報の存在すら知らないという人も珍しくはありません。電報を使うタイミングといえば、一番馴染みがあるのが結婚式ではないでしょうか。祝電は結婚式に参加できず、お祝いの気持ちを改めて伝える方法としては最適です。しかしただ贈れば良いというものではなく送る際にはきちんとマナーを守らなくてはなりません。まず一番に気をつけなくてはならないのが送るタイミングです。披露宴開始の一時間前には会場に届くように手配しておく必要があります。ギリギリに到着すると、混乱の元となりかえって迷惑になってしまう可能性もあります。電報の手配は、一ヶ月ほど前にはできるようになっているので、式の日程がわかっているならば早めに予約しておくようにしましょう。

祝電の宛名の書き方について

結婚式の披露宴の時に読まれることが多いのが祝電です。結婚式に行ったことがある人ならば、誰もが一度くらいは耳にしたことがあるのではないでしょうか。なかなか日常的に電報に触れ合うことはないので、もし自分が贈る立場になったら困ることは多いはずです。祝電を送る際には、様々なマナーが存在しています。基本的には、祝電は新郎新婦二人宛てにすることが望ましいとされていますが、関係性上、どちらか一方だけとなることもあります。新婦の場合には、苗字で悩むのではないでしょうか。新婦の場合は旧姓にするのが一般的です。すでに入籍済みという場合には、話は変わってくる点もあるので事前に確認しておくようにしましょう。お祝いの気持ちを伝えようと、良かれと思って送った電報が原因で相手との関係が悪くなっては意味がないので、マナーには気をつけましょう。

祝電で心のこもった気持ちを伝えよう。

結婚式やお誕生日、出産や学校行事などのお祝いごとの時に気持ちを届ける祝電は、心温まる大切な役目として今でも根強い人気を保っています。現在は進化が進み、デザインも機能もバラエー豊かになってきました。人形とセットになっていて後々もインテリアとして利用できるものや、プリザードフラワーで見た目も鮮やかな祝電など、送った方ももらった方も思わず笑みがこぼれてしまうような工夫がされています。また、電話だけでなくインターネットからも申し込みができるので、24時間いつでもどこでも自分の時間が空いた時に申し込めるようになり大変便利になりました。電報会社も増えたので、自分の用途に合わせて使い分けてみるのもお勧めです。メールやSNSではなかなか伝わらない気持ちを伝える手段として、ぜひ祝電を利用してみてはいかがでしょうか。