アメリカの階段昇降機

カレンダー

2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目記事

階段昇降機で暮らしを快適に

家族で安心できる階段昇降機の種類 階段昇降機は興味があるものの、階段にいつも設置されている状態では、使用しない家族が上り下りする時に邪魔になると思いませんか。確かに、サイズの小さな機種でも常時そのま…

詳細を読む

アメリカの階段昇降機

足が不自由な方の毎日の暮らしを変える 階段の段差がなければいいのに!と思ったことはありませんか?様々な理由で、階段の昇降が出来なくなってしまったり、時間がかかったりと外出する機会が減ってしまったと感…

詳細を読む

足が不自由な方の毎日の暮らしを変える

階段の段差がなければいいのに!と思ったことはありませんか?様々な理由で、階段の昇降が出来なくなってしまったり、時間がかかったりと外出する機会が減ってしまったと感じている方は多いのではないでしょうか?近年、高齢化が進んでいる日本では、そのような悩みの解決のために、バリアフリーとしての住宅改修や、段差にスロープを取り付けるという措置がされております。その中で、階段昇降機という福祉用具は様々な方に利用されている毎日の生活を助けてくれる用具となっております。階段昇降機という存在は、外出の楽しみを再確認させてくれる重要な存在となっております。
【階段昇降機のメリット】階段昇降機のメリットは、簡単な工事で取り付けが出来るということも選ばれている理由の一つとなっております。住宅改修のような大掛かりな工事ではなく、壁に取り付けるだけの工事となっておりますので、直ぐに使用できる福祉用具として重宝されております。住宅改修は、今まで住んでいた思い出のある家をリフォームすることでバリアフリーにしますが、デメリットとして今まで住んできた内装ではなくなるというのが、懸念されております。しかし、階段昇降機は外に取り付けるだけですので、今まで住んできた家がなくなることはありません。毎日の暮らしの中に、階段昇降機という福祉用具をご活用ください。

ネックだった階段を階段昇降機で解消する

階段昇降機の設置をして少しでも2階への上り下りを楽にしたいと検討している場合に、気になるのがそもそも設置が可能かどうかという点でしょう。基本的に、直線でも曲線でも階段に設置することは可能です。ただし、直線ならレールを設置しやすいので階段昇降機の費用は比較的安価で仕上げてもらうことが出来ますが、曲線の場合にはパイプレールを2本設置する仕組みになるのでやや割り高になることと工期もやや長くなることを把握しておいてください。
また、屋内だけに限らず階段昇降機の設置は可能です。家の玄関に入るまでに階段がある場合なら、屋外用の階段昇降機を設置することで問題を解消できます。バリアフリーを理想とするために、まず、階段がネックになっている家庭は意外と多いものですので、階段昇降機を設置することで悩みを解決することが出来ます。ライフスタイルの変化と共に、不自由して来ることが増えてしまうのは避けられません。
しかし、こうした機器を導入すれば今までと変わりない暮らしを継続できる時代になっているのも確かです。自分の家、自分の部屋、家族と過ごすリビングへの行き来がスムーズにバリアフリーの環境を目指すには、このように階段昇降機の役割がかなり大きいわけです。直線や曲線の階段でも、屋外でも設置が可能ですが、設置できる最低限の幅を満たしている階段でない場合にはその他の改造も必要になるケースもあります。

Copyright(C)2017 階段昇降機は種類が多く快適な生活を実現 All Rights Reserved.